ジユウダイ


撮影:菊地修

2014.8.10

札幌国際芸術祭2014特別プログラム
「オーケストラSAPPORO!」出演者募集!

札幌国際芸術祭2014特別プログラム 「フェスティバルFUKUSHIMA!北3条広場で盆踊り」が、8月10日(日)札幌市北3条広場(北海道庁正門前)で開催!

15時から20時半頃にわたって、国内外で広く活動するダンスカンパニー「珍しいキノコ舞踊団」とプロジェクトFUKUSHIMA!が振り付けたオリジナル盆踊り「ええじゃないか音頭」、大友良英作曲「あまちゃん」テーマ曲をアレンジした盆踊り「あまちゃん音頭」、「大友良英スペシャルビックバンド」ライブ、そして一般公募によって集まった特殊巨大オーケストラ「オーケストラSAPPORO!」の演奏などを実施予定。ただ今「オーケストラSAPPORO!」メンバーを募集中です。

「オーケストラSAPPORO!」は、アマチュア、プロフェッショナルを問わない一般公募のメンバーによる特殊巨大オーケストラ。指揮者が出すコマンド(指示)と、それを即興で解釈するオーケストラ・メンバーとの駆け引きに加え、そこから生まれた音楽が個人の演奏を超えて相互に共振し、あらたな音の場を作り出します。
公開リハーサルとして開催されるワークショップでは、まず簡単な指揮のルールを覚え、それを応用して実際に演奏しアンサンブルを構築。演奏経験豊富な方も大歓迎ですが、譜面が読めなくても、初心者の方でも、楽器からうまく音が出せなくても大丈夫。楽器はアコースティックの弦楽器、管楽器、打楽器、鍵盤楽器、各種民族楽器、自作楽器等の他、楽器以外の音の出る物でも参加可能。
どんな音も不思議と調和し、その場でどんどん聴いたことのない音色が生まれていくこの特殊巨大オーケストラは、演奏する側も聴いている側もかなりワクワクします。ぜひ参加してみてください!

※楽器やその他セッティングに必要な機材はすべて各自持参でお願いします。

★フェスティバルFUKUSHIMA!とは?
震災復興のひとつの取り組みとして、2011年8月地元福島出身のアーティストが始めたライブコンサート・アートイベント。故郷を失ってしまうかもしれない危機の中でも、福島が外とつながりを持ち、福島で生きていく希望を持って、福島の未来の姿を考えるために、人々が集い、語らう場として始まったお祭り。2013年からは、盆踊りに形を変えて開催されています。

詳細
タイトル 「オーケストラSAPPORO!」
★ワークショップ(公開リハーサル)
日程 2014年8月10日(日)13:30~14:30
※ 受付は30分前より。遅くとも開始5分前までにはお集まりください。
※ 参加必須。
場所 北3条広場(北海道庁正門前)
講師 大友良英(音楽家)
★本番演奏
日時 2014年8月10日(日)15:00〜20:30頃の中から60分程度
場所 北3条広場(北海道庁正門前)
対象 小学生以上の方(小学生以下の方は保護者同伴のこと)
定員 150人(応募多数時抽選)
参加費 無料
持ち物 持ち運び可能な楽器
※楽器はアコースティックの弦楽器、管楽器、打楽器(設置が必要な和太鼓を除く)、鍵盤楽器などの他、ポータブルの電子楽器や電気楽器、自作楽器(音の出せるさまざまなもの)でも、簡単に持ち運べるものならOKです。ただし、ヴォーカルや声での参加はできません。
申込期間 2014年6月10日(火)~2014年7月15日(火)まで
申込方法 札幌市コールセンターへ電話(011-222-4894)、FAX(011-221-4894)、
または札幌市ホームページから申し込みください。

「フェスティバルFUKUSHIMA!北3条広場で盆踊り」を一緒に盛り上げるサポートスタッフ、大風呂敷&フラッグ(旗)布地も募集中。詳細はこちらをご覧ください。

PAGE TOP