ジユウダイ


『Psalm II: "Walking Distance" 』16mm 23min. 1999

FILM

2014.10.25

フィルムがもたらす、驚きの映像世界。
フィル・ソロモン作品集『溶けるフィルム・粒子の渦』

フィル・ソロモンはアメリカ・コロラド州在住の実験映像作家。「フィルム」で可能なイメージメイキングのテクニックを、オリジナルの手法で究極に極めた1人として、世界中の映画作家からリスペクトを受けています。
彼の映像世界とは、一体どのようなものでしょうか?
本上映会の企画元である日本映像学会アナログメディア研究会のFBに、上映作品ひとつひとつの解説が掲載されているのでぜひ見てほしいのですが、例えば彼の代表作『Psalm II: "Walking Distance" 』についての説明はこう。

「フィルムが溶けるとはどういうことか? 通常フィルムが溶けてしまっては映写は続行しない。また、単に溶けるフィルムを記録したところで面白くはない。
画面が立体的に浮き上がり、気泡を発しながらゆっくりと分解し溶解していくかのようなイメージから、人間という最も野蛮な生物の恐怖と叫びを感じてしまう。フィル・ソロモンの最高傑作のみならず、実験映画史上のまぎれもない金字塔のような作品である。」

phil solomon

気になりますね!
今回のフィル・ソロモン作品集『溶けるフィルム・粒子の渦』の進行役を務める映像作家の大島慶太郎さん(札幌在住)は、「複製情報がいくらでも摂取できる今だからこそ、オリジナルを見るということにこだわりたい」と話します。フィル・ソロモン作品集も、スクリーンから強烈に放たれる質感や粒子の渦、空間や時間に及ぼすバイブレーションは、オリジナルのフィルムだからこそ。(今回の上映は全てフィルム上映です。)
「映像や映画に興味がある人や、今勉強中もしくはこれから作りたいという学生さん、絵画や現代美術に興味がある人などにもぜひ見て頂きたいです」とのこと。

ちなみに作品上映後に流れるフィル・ソロモンへのインタビュー映像では、最新の高解像度ムービーカメラを自慢するなど、お茶目な人柄が垣間見える場面も。ゲストトークと併せて、より深く彼の作品世界を知ることのできる絶好の機会です。ぜひ足を運んでみてください。

展示詳細
タイトル フィル・ソロモン作品集『溶けるフィルム・粒子の渦』
日時 2014年10月25日(土)14:00~16:30
(上映時間81分。上映後、特典映像+トーク約60分)
※ 開場13:30~
会場 CAI現代芸術研究所(札幌市中央区北1条西28丁目2-5)
入場料 予約1,000円(当日1,200円)
お問い合わせ・予約 MAIL sano@cai-net-jp / TEL 011-802-6438(13時以降)
※ ご予約の際の注意事項
● メールにてご予約の際は『お名前/ご連絡先』 を必ずご記入の上、ご連絡ください。
● ご予約者が複数名の場合は、ご同伴者のお名前もご記入ください。ご連絡先は、代表者のみで結構です。
PAGE TOP