ジユウダイ


©1988 マッシュルーム/アキラ製作委員会



©2013 Ryo Hirano/FOGHORN



©2014 Eesti Joonisfilm

FILM

2014.10.31-11.03

豪華招待作品とコンペティションプログラムに話題騒然!
新千歳空港国際アニメーション映画祭

道内外から熱い注目を集める映画祭が開幕間近なのをご存知ですか?
その名も「新千歳空港国際アニメーション映画祭」。10月31日(金)から4日間、新千歳空港内のじゃがポックルシアターで開催されます。
なぜ、この映画祭が話題を呼んでいるのでしょうか?
ひとつは、豪華な招待作品。
全国各地にファン急増中の「爆音上映」(北海道初上陸!)をはじめ、日本アニメ史に語り継がれる名作の35mmフィルム上映、日本初公開の海外話題作など盛り沢山。中でも、音楽ライブ用の音響セッティングをフルに使い、大音響の中で映画を観る・聴く「爆音上映」は、通常の劇場上映では聴くことのできない迫力と、その爆音によって視覚までもが変容し映画そのものも違って見えるというトリップ感覚を体験できるので、かなりおすすめ。
今回爆音上映されるのは、2作品(問い合わせ殺到中だそうです)。
日本のSFコミック&アニメーションの金字塔、大友克洋『AKIRA』と

©1988 マッシュルーム/アキラ製作委員会

世界中に熱狂的なファンを持つフランスの鬼才ルネ・ラルーによるSF超大作『ファンタスティック・プラネット』。

(↑これを爆音で聴いたら...と思うとワクワクします。お見逃しなく!)

映画祭が話題を呼んでいるもうひとつの理由は、短編アニメーション・コンペティションにノミネートされた作品の充実ぶり。
世界中の作家に影響を与えた巨匠の最新作から、新進気鋭の若手作家による作品まで、世界の現代アニメーションの「いま」が反映されたラインナップとしてグランプリの行方にも注目が集まります。
コンペティションのうちファミリープログラムは、全期間パスポート、該当日の1dayパスポート、1プログラム券のいずれか1枚で家族4人まで入場できるのもうれしいところ。自由でワクワクする世界の最新アニメーションに、ぜひ触れてみてください。
その他にも、人気TVアニメの無料上映や、楽しくアニメーション作りを体験できるワークショップなど、気軽に参加できるプログラムも豊富。新千歳空港は「食」も充実しているので、映画祭と併せて一日満喫できるはず。三連休はぜひ新千歳空港で!

展示詳細
タイトル 新千歳空港国際アニメーション映画祭2014
会期 2014年10月31日(金)~11月3日(月・祝)
時間 上映スケジュールをご覧ください。
会場 新千歳空港ターミナルビル4F じゃがポックルシアター
入場料 全期間パスポート 前売2,500円
1dayパスポート 前売1,500円(当日2,000円)
1プログラム券 当日1,000円(制限数あり)
ほか特別1プログラム券、注意事項など詳細は公式サイトをご覧ください。
チケット取扱 チケットぴあ Pコード(各種パスポート Pコード:465-779)
(特別1プログラム券 Pコード:553-457)
そのほかチケットぴあWEBサイト、電話予約(0570-02-9999)など。
お問い合わせ 新千歳空港国際アニメーション映画祭事務局 TEL 011-206-1280(平日10:00〜18:00)
info@airport-anifes.jp
PAGE TOP