ジユウダイ

STAGE

2014.11.08-11.09

命を賭した愛と食欲のものがたり。
指輪ホテル『断食芸人』

北海道出身の羊屋白玉さんが劇作と演出を務める指輪ホテル。これまで廃工場やテニスコート、書店、レストラン、ストリップ劇場などで公演を重ね、2013年瀬戸内国際芸術祭では海、2014年中房総国際芸術祭では鉄道を舞台に作品を発表。大きな反響を呼びました。
そしてこのたび、東京、高松、札幌の3都市ギャラリーツアーを開催。上演するのは、フランツ・カフカ原作の『断食芸人』です。

「断食を芸とし、その姿を見世物としている男、断食芸人。かつては人気者だったが、今ではすっかり落ちぶれている。それでも彼は自分の芸に誇りを持ち続けていた。しかし観客たちは、本当に何も食べないでいられるはずがないと、断食の芸を疑い始める。 興行主は断食芸人を盛り立ててはいたが、時とともに、彼の人気は著しく衰え、長年共に仕事をしてきた興行主のもとを去り、サーカスに身を落とすこととなる。
数年後のある日、サーカスの檻の中で、骨と皮ばかりの姿で発見され片付けられ、即座に、その空の檻に若い豹が入れられた。 一方、離ればなれになった後の興行主は、物言わぬ断食芸人の代わりに、彼の心情を語り始める。彼の芸が公明正大だったことを知っていた唯一の理解者であった。 彼の死が近付くにつれ、肉体が彼に侵食されるような精神状態に陥り、断食芸人の死と同時に、遠く離れたどこかの自室で息を引き取る。その瞬間、興行主の、その魂は、断食芸人の亡骸が埋められているサーカスの片隅へと飛んでゆく。そこは、幼なじみだった断食芸人と興行主が、子どもの頃によく遊びに来たサーカスであった。」(初演のシノプシスより)

2013年の初演時は連日満席だったという本作を、今回演出も新たに再演。指輪ホテルの空間演出で、どのように『断食芸人』の世界が立ち上がるのか。今から楽しみです。
どうぞお見逃しなく!

展示詳細
タイトル 指輪ホテル『断食芸人』
日時 2014年11月8日(土)19:30~
9日(日)14:00~ / 18:00~
※ 開場は開演の20分前 (上演時間は75分を予定)
会場 OYOYOまち×アートセンターさっぽろ(札幌市中央区南1条西6丁目第2三谷ビル6F)
料金 一般前売3,000円(当日3,500円)、学生前売1,500円(当日2,000円)
チケット取扱 CoRichチケット予約
チケットぴあ(Pコード:439-574)
ローソンチケット(Lコード:11780)
お問い合わせ 指輪ホテル contact@yubiwahotel.com
PAGE TOP