ジユウダイ

FILM

2013.11.21 - 11.24

激動の時代を生きた女性革命家の生涯
劇団千年王國『ローザ・ルクセンブルク』

1999年に設立された、劇団千年王國。札幌を中心に東京や大阪、九州、韓国でも公演活動を行うほか、演出家の登竜門である、若手演出家コンクール(日本演出者協会主催)2005最優秀賞・観客賞や、毎年11月に開催される札幌劇場祭(Theter Go Round:TGR)での二度の大賞受賞など、人気と実力を兼ね備えた札幌を代表する劇団です。作・演出の橋口幸絵さんは、2012年に放映されたNHK制作のプレミアムドラマ『神様の赤ん坊』の脚本を手掛けるなど、近年その活動の幅を大きく広げているお方。史実や神話をモチーフとした物語を、芸術性の高い表現で描き上げる手腕には、毎回圧倒させられます。

さて、その千年王國の新作『ローザ・ルクセンブルク』。第一次世界大戦末期のドイツで勃発した革命の、中心的指導者だった女性の生涯を描いたお話です。言葉ではなく、身体を使って表現される、時代の不穏さや、権力と民衆が衝突する革命の激しさ。止めようもない時代の強い流れの中を、ローザは情熱とともに駆け抜けます。

「震災以降、この国の政治や社会のあり方について考えたときに、自分たちが望む世界をつくるために戦った彼女のことを知りました」と橋口さん。
「どんなことがあろうとも、勇気を出し、あきらめることなく、そして微笑みながら。
—どんなことがあろうとも」
常に希望を持ち続けたローザの声は、100年後の現代を生きる私たちにどう響くのでしょうか。
多数のダンサーと、馬頭琴・喉歌(ホーミー)奏者の嵯峨治彦さんを迎えてお贈りする渾身の一作。お見逃しなく!

展示詳細
タイトル 『劇団千年王國』
日時 2013年11月21日(木)19:00~
22日(金)13:00~
23日(土)13:00~ / 19:00~
24日(日)13:00~ / 17:30~
※開場は開演の30分前(上演時間は90分を予定)
会場 サンピアザ劇場(札幌市厚別区厚別中央2条5丁目7-2)
料金 前売2,800円(予約・当日3,000円)
学生前売1,500円(予約・当日2,000円)
※小学校から大学までの学生および専門学校生・大学院生
チケット取扱い ローソンチケット(Lコード:17701)
サンピアザプレイガイド/大丸プレイガイド/デュオプレイガイド
CoRich
お問い合わせ 劇団千年王國 TEL 090-6213-6181
PAGE TOP